食材を引き寄せる人 「釜揚げシラス丼」

我が家には妻の妹が一緒に暮らしています。
毎回話を
有名なネイルサロンで4年間仕事をしたあと独立し、現在は1人でネイルサロンを経営しているというなかなかの妹です。
うちの子供達が生まれた当初から既に一緒に住んでいるので、子供達にとってはまさに家族ですね〜。

さて、そんな彼女ですが私は「食材を引き寄せる」人だと思っています。
よくお店から帰ってくると「お客様からもらった」と手作りのお菓子やら何やら色々持っています。良いね!食べて行くのに困らない才能(笑)。
そんな義妹が、先日「シラス」をお客さんからもらってきました。しかも釜揚げじゃなくて「生」ですよ。わざわざタッパーに入れて大量です。
静岡の方から着てくれたお客さんとの事・・・わざわざありがとうございます。

そんな訳で、シラスを存分に味わえる簡単料理「釜揚げシラス丼」を作りました。

【釜揚げシラス丼】
所要時間 :約10分
分量:4〜5人分

-食材-
生シラス 500g
カツオの叩き 1さく
大葉 10枚
刻み海苔 適量
ご飯 適量

-調味料-
生姜(すりおろし) 適量
醤油・わさび 適量

①大きな鍋にお湯を沸かす。塩分濃度は2%が目安。

②生シラスをサッと洗い、①に半分の250gを投入。2分間程度茹でたらザルに上げて水をきり、キッチンタオルなどの上に広げて水を切っておく。

③お皿にご飯をもり、大葉、②の茹でたシラスと生のシラスを乗せる。

④家にあったので、カツオの叩きを添えました。

⑤生姜、醤油を適量かけ、刻み海苔をまぶせば完成です。

IMG_0991.jpg

すごいですね。初めて茹でたてのシラスを食べたのですが、食感が「ふわっふわぇ・・・」です。生シラスも甘味があって美味しい!!
これは食材を引き寄せる力がないとタダでは食べられない一品ですね(笑)。
もちろん、勝ち取ってきた義妹にも沢山食べてもらいました。

しかもこの美味しさは年齢に関係ないようです。
6歳娘、4歳息子も美味しそうにたべていました。が、それ以上の食べっぷりだったのが1歳息子。
自分の分が食べ終わると、大人の膝の上を巡回し、それぞれの皿から少しづつかすめ取って行きます。トータルでかなりの量を食したのではないでしょうか。
食後のお腹はいつにも増してパンパンでした(笑)。

いや〜、食材を引き寄せるって良い能力ですね。
しかも地方からも引き寄せてくるなんて。今回のシラスは静岡県から引き寄せたらしいですよ(お客さんが静岡から来た)。
そうか〜、これがお取り寄せって言うんですね(笑)。
今後とも、たまにこの才能を発揮して頂きたいと思います!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダンチゴハン

Author:ダンチゴハン
家族とお酒をこよなく愛する。
社会人になってから料理の楽しさに目覚め、ついに10年勤めた会社を脱サラして料理学校へ通う。1年で調理師免許を取得し、再びサラリーマン生活をスタートさせる。
7歳と5歳、そして2歳の子供を迎え、サラリーマンの嫁と一緒に東京の団地の片隅で家事に育児に全力で取り組んでいます。
目指せ、子だくさんで共働き!!

〜現在の家族構成(6人)〜
旦那(私) 35歳
嫁 35歳
長女 7歳
長男 5歳
次男 2歳
義妹1 30歳


以下のランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
洋 (8)
和 (6)
中 (2)
洋 (0)
中 (3)
洋 (8)
和 (6)
洋 (6)
貝 (5)
和 (2)
中 (2)
洋 (9)
カウントスタート!!(2015年8月2日)
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる