FC2ブログ

柿を使った簡単サラダ 「柿とインゲンのサラダ」

こんにちはダンチゴハンです。

昨日は母の実家ので取れたお米の籾摺りのお手伝いに行って来ました。
農家のみなさんが大切にお米を育てて出荷していく様を見ることのできる貴重な体験でした。
子供達にも少しだけ作業を見せることができたので、今後はもっと大切にお米をいただいてくれると思います。

さて、田舎に帰ったついでに精米したばかりのお米とお野菜をたくさん頂きました。
今回は、家の庭で収穫して来た柿を使ってサラダを作ります。
なぜかうちの子供達に「柿」が人気ないんですよね・・・。サラダにすると、なぜか少し食べてくれます(笑)。

【柿とインゲンのサラダ】
所要時間 :10分
分量:2〜3名分

-食材-
柿 2個・・・皮を剥き幅2mm程度の薄い扇切り
インゲン 100g

-調味料-
マヨネーズ 大さじ3
塩 少々
ごま 少々

①柿を扇切りにしておく。

②インゲンは筋をとったら熱湯で1〜2分ほどさっと茹で、茹で上がったら2mm幅に斜め切りにする。

③①と②にマヨネーズとごまを入れて和える。味を見ながら塩で整えて下さい。

④お皿に盛りつければ完成です!!

IMG_20181015_071719.jpg

柿のオレンジといんげんの緑の色がいいですね〜。
柿の甘味にマヨネーズの酸味があって美味しいです。秋を感じる一品ですね。

子供達はあまり箸を伸ばしてくれません。が、まあいいでしょう・・・。
きっとそのうち、季節を感じるとか言いながら食べてくれるはず(笑)。

まだまだ柿がありますので、子供達に食べてもらうべくどんどん料理して行きたいと思います。

落ち葉は遊び道具

おはようございます。ダンチゴハンです。

週末に家族で軽井沢に遊びに行ってきました。
これまで秋に軽井沢に遊びに行くタイミングが無かったので、紅葉がどんなものか楽しみにしていました。

しかし、紅葉の紅葉最盛期には少し早かったようですね。

IMG_20181008_122836.jpg

の見事なグラデーション。これはこれで綺麗です。
あと1週間後くらいが最盛期でしょうか??

さて、今回は宿泊施設として使う別荘を使用させてもらうお礼にということで、庭の落ち葉拾いをする事になりました。
子供達には初めての経験という事で、遊び感覚でよく手伝ってくれました!
熊手を使って山のような落ち葉が集まりました。

IMG_20181008_084330.jpg

そして、集めた落ち葉は・・・遊び道具です。
子供達が全力ダイブしておりました(笑)。

IMG_20181008_085159_1.jpg → IMG_20181008_085159_2.jpg → IMG_20181008_085159_3.jpg

すごい・・・躊躇なく飛び込んでいます(笑)。

子供達には紅葉で遊び心もお腹も膨らまないですが、落ち葉で満足してくれたようです。
今回も楽しい旅行になりました。

東京にも遊べる浜辺があるんだなぁ、子供ビショビショだけど・・・ 「大森ふるさとの浜辺公園」

こんにちは、ダンチゴハンです。
今日は久しぶりに料理以外の記事です。

東京の臨海部の団地に住まう私たちは、近くに大きな公園もあり、子供たちの遊ぶ場所にはことかきません。
しかし、最近は近くの公園がマンネリ化してきたせいか、子供たちに公園に行こうと声をかけても「え〜、あそこの公園、遊具ないじゃん。」などと文句を言うようになってきました。贅沢な事言うな〜と内心思いますがね・・・。

そこで、最近自転車の行動範囲で、新たな公園を開発しております。
その中で今回は子供達にえらいヒットした「大森ふるさとの浜辺公園」をご紹介!

この公園、大きなローラーコースターの遊具があると言う事で子供達と向かったのです。そちらで楽しそうに遊んでいましたが、正直1時間もすれば限界ですね・・・。
しかし、その後スマッシュヒットが出ました。なんと、遊具の少し奥に浜辺を発見いたしました!!
人工ビーチですが、とても綺麗に整備されています。
浜辺をみてうずうずしていた子供達、天気も良く少し暑かったので「入っていい!?」と言うので「足だけ」という条件でOKを出しました。

ふふっ・・・、みなさん「そんなの言う事聞くわけない」と思うでしょう??
そのと〜り〜〜〜(笑)。

IMG_20180924_141004.jpg

まずは5歳息子が確信犯的に「ああっ!!」とつんのめって、海へダイブ
それをみて、次々と子供達がダイブ・・・。
まぁ、浜辺がある時点で覚悟決めておりましたのでいいですわ。

結局、寒くなるまで海で遊んでびしょびしょで自転車で家まで帰りました(笑)。

お近くにお住いの方、タオルと着替えをもって夏場に行かれる事をお勧めします。
ちなみに、広い浜辺で読書やおしゃべりに興じる大人の方達もたくさんいますのでのんびりできます。

簡単なのにマジでうまいパンナコッタ 「豆乳生クリームのパンナコッタ」

こんにちは、ダンチゴハンです。

先日、お友達のお子さんの誕生日があり、ゼリーで作ったケーキが欲しいとのご要望がありました。
とてもお世話になっている方なので、ちゃんとしたものを差し上げねばと珍しく張りましたよ。

結果、かなり美味しいパンナコッタ(ゼリーではなくなっている・・・?)が完成したので、備忘録としてレシピを掲載しておこうと思います。

【豆乳生クリームのパンナコッタ】
所要時間 :約15分(冷蔵庫で冷やす時間は除く)
分量:4〜5人分

-食材-
(豆乳パンナコッタ)
豆乳生クリーム 200cc
砂糖(粉糖) 50g
アガー(寒天とかと同じ様にゼリーを固める為のやつ) 6g

(フルーツゼリー)
好きなフルーツのシロップ漬缶詰  200g
水 100cc
砂糖(粉糖) 小さじ1
アガー(寒天とかと同じ様にゼリーを固める為のやつ) 3g

ミント あれば適量

①まずは豆乳生クリームパンナコッタから。粉糖とアガーを豆乳生クリームに入れて混ぜます。この時、生クリームを泡だて無いよう注意。気泡ができるとゼリーに残ります。

②①をお鍋に移し、弱火で加熱。沸騰させないように注意しながら1〜2分ほど加熱して砂糖とアガーをよく溶かしこみます。

③②をゼリーの型に移して、粗熱を取ってから冷蔵庫へ移して冷やし固めます。
 ※ここで冷やし固めすぎると、上から別のゼリーを乗せた時、綺麗にくっついてくれません。様子見しながら調整で。

④次にフルーツゼリー。水100ccに砂糖とアガーを入れて混ぜてから火にかけ、沸騰させて1分程度加熱し、よく溶かしこみます。そこにフルーツのシロップ漬缶詰を入れます。

⑤冷やしておいた③の豆乳生クリームパンナコッタの上に④を流し込みます。その後は粗熱を取って、冷蔵庫へ。

⑥冷やし固まれば完成です。彩にミントの葉を載せてみました。お友達の

3317.jpg

このパンナコッタが絶妙に美味しいんです。
砂糖を控えめにした事により、豆乳の甘味も感じられてなんともヘルシーな感じ。
プルプルで食感も最高です!!
上のフルーツゼリーを乗せなくても、もちろん美味しいです。その分作る時間も短縮できますし。

この分量に行き着くまでに何回か試作をしていたのですが、我が家の子供達はそれがとても嬉しかったようです。
保育園や小学校から帰ってくると「今日の試作は??」と聞いてきます。
あれば大喜びだし、無ければ落胆を繰り返していました。
まぁ、彼らにしてみれば棚ぼたですね。

しかし、本当に子供達にも人気があったので、我が家の定番おやつレシピになりそうです。
子供達にも簡単に作れそうなので、教え込みたいと思います(笑)。

子供達にも手伝ってもらえるか?? 「キャベツと人参と昆布の浅漬け」

おはようございます。ダンチゴハンです。

最近、子供達と料理する機会を頂いています。
子供達でも作るのを手伝えて、食卓の一品になるような料理はないかと日々考えています。
昨日は「浅漬けって簡単そうじゃん?塩で味付けするだけだし・・・。」と安易に思いついたので、試してみることにしました。
子供達は手伝ってくれてはいません・・・。

【キャベツと人参と昆布の浅漬け】
所要時間 :約10分(漬けている時間:2〜3時間は除く)
分量:10人分くらい??

-食材-
キャベツ 260g・・・程よい大きさに手でちぎる
人参 60g・・・細切り
昆布 2g・・・ハサミでちょきちょき細切り

-調味料-
塩 5g
ごま 適量

①キャベツの芯を取り、手でいい感じの大きさ(4cm角くらい)にちぎります。人参は細切りに、昆布もハサミで細く切っておきます。

②①の食材をボールに入れて塩をふり、満遍なく塩が馴染むようにかき混ぜます。

③ジップロックなどの袋に入れて空気を抜いて袋を閉じ、冷蔵庫に入れて上から重石(私は袋の上にバットを置き、水入りペットボトルを載せて置きました)を置きます。そのまま2〜3時間放置。

④冷蔵庫から出して、水気をよく絞ります。食べるときにお好みで適量ごまをかけます(指で潰しながらごまをふるといい香りがしますよ!)。完成です。

IMG_20180907_043851 (1)

う〜ん、「The浅漬け」ですね。
朝の食卓に出すと、箸休めに大活躍ですね。大人には・・・。

子供達にも出してみましたが、正直不人気です。薄い塩昆布味の野菜という認識なのでしょうか。
大丈夫、30年後くらいに大好きな味になるから。未来で待ってる!

手数としては子供でも料理に参加できそうです。特にキャベツをちぎる、塩をふる、野菜の水分を絞るあたりを楽しみながら手伝ってもらえそうです。
しかし、残念ながら食べる時の人気がありません。再考の余地ありですかね・・・。
プロフィール

ダンチゴハン

Author:ダンチゴハン
家族とお酒をこよなく愛する。
社会人になってから料理の楽しさに目覚め、ついに10年勤めた会社を脱サラして料理学校へ通う。1年で調理師免許を取得し、再びサラリーマン生活をスタートさせる。
7歳と5歳、そして3歳の子供、サラリーマンの嫁と義妹の5人と一緒に東京の団地の片隅で家事に育児に全力で取り組んでいます。

〜現在の家族構成(6人)〜
旦那(私) 36歳
嫁 35歳
長女 7歳
長男 5歳
次男 2歳
義妹1 30歳


以下のランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



OMVAG STYLE[オンバーグスタイル] 料理教室始めました

最新記事
カテゴリ
洋 (8)
和 (6)
中 (2)
洋 (0)
中 (3)
洋 (8)
和 (6)
洋 (6)
貝 (5)
和 (2)
中 (2)
洋 (9)
カウントスタート!!(2015年8月2日)
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる