FC2ブログ

義妹に常備菜を作る仕事

おはようございます、ダンチゴハンです。
梅雨入りした東京は連日雨が降っています。急に肌寒くなったせいか、子供達もなんだか洋服を選びかねています。

さて、今日は常備菜作りのご紹介です。

我が家には義妹が一緒に同居しております。同居を初めて4〜5年近くになりますので、子供達の成長を横で見守ってフォローくれるよき同居人です。
そんな義妹は個人でネイルサロンを経営しているのですが、ありがたい事になんだかここ最近「予約の取れないネイルサロン」とかしてきました・・・。
最近は団地とお店との往復の時間も勿体無いと言った状況で、店舗に泊まり込む事もしばしばです。
そして、お料理があまり得意でない彼女は食事もままならない様子。

そこで義兄さんはひと肌脱ぐ事にしましたよ。
よく家事代行の方がたくさんの常備菜を作っているやつ・・・あれをやってみようと(笑)

というわけで、作って見ました。
保存があるていどきいて、体にも優しい家庭料理中心です。2食×4日分という要望に答えて作りました。

IMG_20190523_181535.jpg

メニューは...
・切干大根の煮物
・ひじきの煮物
・きんぴらごぼう
・大豆の煮物
・ほうれん草のお浸し
・手羽元のバルサミコ煮
・手羽元の塩麹煮
・和風ハンバーグ
・鶏肉のトマト煮
・味噌汁の素
・貰い物の手作り梅干し
※写真にはないですがサラダもタッパーに大量に詰めてあります。

店舗にレンジが無いと言うことなので、冷たくても美味しいもの、煮汁で再加熱しやすいものを中心に作りました!
しかし、書き出して見ると煮物多いなぁ(笑)

家の保存容器類はほとんどなくなりましたが、美味しく食べてくれたようで4日後綺麗になって戻ってきました。
食事の時間くらい少しでもゆっくりできたら良いですねぇ。

しかし、常備菜作り以外に面白いです。これできるようになると、毎日の食事の準備が格段に簡単になりますね。
少しこういった方面のメニューのレパートリーを増やしていきたいと思いました!!

初めての小学校遠足弁当 「小学校1年生の遠足弁当」

こんばんは、団地ごはんです。

5月はイベントが多くあっという間に終わった感じです。
つい先週に運動会がったので弁当を作ったと思ったら、今度は1年生息子が遠足だそうです・・・。
二週連続で弁当を作るとは・・・学校もなかなか試練を与えてくれるぜ(笑)。

初めての遠足はお菓子200円分だそうです。それはもう前日からテンション高かったですよ。
「うまい棒20本買おうかな〜。」
とか言っていました。
それ、男の子なら必ず一度は考える遠足のお菓子あるあるですね。
結局は10円のラムネとうまい棒を合わせて9個とマシュマロを一袋買っていました。なかなか上手な買い方ですね(笑)。

さて、朝から作ったお弁当は息子から「量」に関して細かい指示を受けて作りました。

簡単に作れるメニューでチャレンジしてみようと言うことになりましたよ。

①おにぎり(1個)
②ハンバーグ(1個)
③卵焼き(2個)
④ポテトサラダ(たくさん)
⑤サラダ(なんなら無くてもいい)←却下
⑤デザートいちご(2個)

です。
①は梅じぞ入ってます。2個にしようと思ったら、そんなにいらないと言われました。
②合挽き肉のスタンダードな小ぶりハンバーグです。2個入れるつもりでいたら1個でいいと言われました。私が小学校1年生だったら言わないセリフです。なに?前世ハンバーグとの間に何か因縁が??
③ニラ玉です。二つ食べたいと言われました。
④新ジャガのポテトサラダです。ツナ、人参、キュウリ、コーンが入っています。どうやら無限に食べられるようです。
⑤レタスと人参のサラダです。いらないとか言われたら、入れます。
⑥安く手に入ったのでいちご入れました。

IMG_20190531_064339.jpg

帰ってきたお弁当箱はきれいに食べ切られていました。
あれだけ言われて残ってたら残念だったので一安心です。サラダはよく食べてくれたけど(笑)。

学校から歩いて行ける場所だったようですが、大人の足でも20〜30分くらいはかかるところでしょうか。文字通り「遠足」だったようです。
そのおかげか、今晩はあっという間に就寝しました。
お疲れ様でした。

2週連続でお弁当を作ったお父さんもお疲れ様でした(笑)。

夏野菜が安いです 「ナスとピーマンの酸っぱい揚げ浸し」

おはようございます。ダンチゴハンです。

いい季節になってきましたね。過ごしやすい気温と天気。最高です。
人に優しい時期は、野菜にも優しいのか野菜もお安くなってきましたね〜。

今回は、スーパーでナスとピーマンが大量にお安くなっておりました。それは、思わず、買います・・・。

さて、大量に仕入れた野菜をどうしようと言う事で常備菜として揚げ浸しにしようと思います。
なんせ、ナスと油の親和性は最強ですからね。

【ナスとピーマンの酸っぱい揚げ浸し】
所要時間 :約15分(浸している時間は除く)

-食材-
ナス 4本
ピーマン(大) 4個
 
-調味料-
ダシ 200cc
酢  大さじ4
砂糖 大さじ1
醤油 小さじ1
タカノツメ 1本

①ナスは大きめの乱切り、ピーマンは種を除いて同じく乱切りにする。

②油を180度程度に熱して、ナスとピーマンを素揚げする。ナスは皮側がしわっとしてくるくらいまで、ピーマンは20〜30秒程度サッと油通しする。その後、油から上げて油を切っておく。

③調味料を全て混ぜ合わせ、種を取り除いたタカノツメを入れる。

④②の野菜を③に入れて浸しておく。

⑤粗熱が取れて味が馴染めば食べられます!

IMG_20190516_071819.jpg

ナスを揚げて濃厚な旨味が出ている中に甘酢っぱい味、たまりません。
夏に向けてさっぱりと食べられる一品です。

大人には美味しい一品も子供達には不評でした。なんで子供は酸っぱいものって苦手なんでしょうね?
と言うか、いったいどこで酸味が美味しく感じるようになるのでしょうか?
子供達がいつどこで美味しく酸っぱいものを好きになってくれるのか、観察を続けたいと思います(笑)。

新学期早々に遠足です 「小学校3年生の遠足弁当」

おはようございます。ダンチゴハンです。

平成も残すところあと5日ですね。気がつけば昭和は二個前の元号に・・・。
それって令和生まれの子供にとって、昭和生まれの私は、私にとって明治生まれの方と会うのと同じってこと(笑)?

さて、そんなざわざわ感満載の4月末に3年生の娘は遠足です。
大きくなって色々できるようになった娘は、お弁当を自分で作りたいと言いだしました。
それでは簡単に作れるメニューでチャレンジしてみようと言うことになりましたよ。

①おにぎり(2個)
②ミニトマトと茹でブロッコリーのサラダ
③ゆで卵
④鳥もも肉のグリル焼き
⑤デザートりんご

です。
①は塩むすびです。あまり色々入れたりすると難しそうなので。
②は生のトマトとレタス。ブロッコリーは塩茹でしています。
③卵をかた茹でしています。
④鳥もも肉に塩で下味をつけてチーズを乗せてグリルで10分焼いてます。
⑤りんごを切ってます。

IMG_20190425_072456.jpg

みなさん、お気づきでしょう。これは子供が作れるレベルでは無いと・・・。
結局彼女は朝早起きできずお手伝いできたのは

・ゆで卵をむく

です。

それ以外は、りんごを綺麗に剥けやら、朝ごはん用に作っていた卵焼きを弁当に入れろやら色々要求をだしてくるだけでした(笑)。

それでもお手伝いをしてくれると言う心意気はありがたいし、帰ってきたお弁当箱はきれいに食べきれていたし、嬉しい限りです。

さて、次回はもっと手伝ってもらいましょう!!

アップルミントを大量にもらったので・・・ 「ミントシロップ」

こんにちは、ダンチゴハンです。

忙しく四月を過ごしていたら、だいぶ前の投稿から時間が過ぎておりました。
我が家は、6才長男が無事に入学式を終え小学校へ通うようになりました。ランドセルで体の半分以上が隠れているような状態ですが、楽しそうに登校していきます。
まぁ、入学式後1日でおたふく風邪にかかり登校停止になったのはいい思い出となるでしょう(笑)。

さて、季節も春真っ盛りという事もあり知り合いから大量のミント(おそらくアップルミント)をおすそ分け頂きました。
ミントって沢山あっても使い道に迷います。サラダとかハーブティーしか思いつかん・・・子供にも人気ないし。

そこで今回は大量消費を目論み、ミントシロップを作ることにしました!

【ミントシロップ】
所要時間 :約15分

-食材-
ミントの葉 15〜20gくらい

-調味料-
砂糖(きび糖) 100g
※上白糖だと透明になります。
水 100cc

①ミントの葉を摘み取り、洗って水気をきる。

②鍋に100ccお湯を沸かしたら砂糖を入れて完全に溶かす。

③火を止めてから①のミントの葉を入れお湯に浸し、鍋の蓋をして10分程度蒸らす。
 ※お鍋は蓋のできるものにしてください。
 ※あまり長く蒸らし続けるとえぐみが出てきます。お好みで時間調整してみてください。

④ミントの葉を取り除いたら、瓶などに入れて冷まし完成です。

IMG_20190418_114330.jpg

ミントの香りがしっかりついた甘いシロップができました。

子供達も興味を持っていたので、試しに匂いを嗅がせてみましたがみんな逃げていきました。どうやら子供を遠ざける効果があるようです(笑)。

手軽でおすすめな使い方としては、無調整豆乳に混ぜる!
IMG_20190418_114633.jpg

豆乳独特の臭みをミントが消してくれ、さらに甘みをましてくれるという寸法です。分量はお好みですが、私は120ccの豆乳に大さじ1程度でしょうか。
豆乳+ミントとなると、子供達も寄ってきました。どうやら子供達を遠ざける力は豆乳で打ち消されるようです・・・。
皆さんもミントを大量に仕入れたらお試しください。
プロフィール

ダンチゴハン

Author:ダンチゴハン
家族とお酒をこよなく愛する。
社会人になってから料理の楽しさに目覚め、ついに10年勤めた会社を脱サラして料理学校へ通う。1年で調理師免許を取得し、再びサラリーマン生活をスタート。
2年のサラリーマン勤めを経て自営業へ。今は親族の仕事の事務と料理教室を主催する2足のワラジをはく。
8歳と6歳、そして3歳の子供、サラリーマンの嫁と義妹の5人と一緒に東京の団地の片隅で家事に育児に全力で取り組んでいます。

〜現在の家族構成(6人)〜
旦那(私) 36歳
嫁 36歳
長女 8歳
長男 6歳
次男 3歳
義妹1 31歳


以下のランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



OMVAG STYLE[オンバーグスタイル] 料理教室始めました

最新記事
カテゴリ
洋 (8)
和 (6)
中 (2)
洋 (0)
中 (4)
洋 (8)
和 (7)
洋 (6)
貝 (5)
和 (2)
中 (2)
洋 (9)
カウントスタート!!(2015年8月2日)
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる